フォト
無料ブログはココログ

« 80.マリヤの新型コロナウィルスについてのコメント | トップページ | 81.26聖人のロザリオと聖母 »

2020年3月 7日 (土)

フレンツ神父の黙想会

こんにちは、SUZUME-SUZUMEです。

先日まで家を離れており、今日は久しぶりに地元のごミサにあずかりました。

ドイツでも新型コロナウィルスのせいで、聖水がなかったり、口での御聖体拝領が禁止されていますが、

今日私が行った修道院では、御ミサにあずかった人数が30人ほどだったせいか口での御聖体拝領が許されていました。

御ミサの終わりに司祭が、「新型コロナウィルスの終焉と私たちの信仰のためにロザリオを祈りましょう」と呼びかけ、

いつもなら4、5人しかいないロザリオの祈りを、皆で祈ることができました。

1da4af909ff04fc5854d1a56f4aa2c0e

初土なので、わたしはその後15分マリア様と黙想してきました。

 ↑

(ココをクリックすると初土の信心について、賛美のうたげのときにまとめたpdfをダウンロードできます。ダウンロードが面倒な方のために下方にコピーしました。)



さて、本題です。

現時点では、フレンツ神父が黙想会をしようとしている教会は、新型コロナウィルス対策のため全箇所使用ができません。

メジュゴリエのマリヤさんのコメントのように、ちょうど四旬節でもありますから、フレンツ神父はじめ、バラダチーム、またバラダチームと協力して祈ってくださっている方々は、「祈りと断食」でこのウィルスと戦うという方法をとっています。

断食は、各自ができる範囲で行います。もし、この意向で祈りと断食に参加してくださる方がいらしたら大歓迎です。

昨日、ルフトハンザは便数を半分に減らすと発表しました。それだけ利用者が減ったということですね。

私たちが利用する飛行機は今のところキャンセルの通知は来ていませんが、今後どうなるかわかりません。

 

中止にするか、延期にするか、予定通り行うか、そろそろ決めなければならない時期に来ていますので、フレンツ神父と電話で話しました。

フレンツ神父のドイツでの黙想会が3月12日から15日までありますので、

そのときに、この件に関してどうすべきかを一緒に祈り、御旨を求めることにしました。

結果は3月16日にこちらでお知らせします。

みなさんの祈りと断食にもかかっています。どうぞよろしくお願いします。

主の御旨が行われますように!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー以下は初土の信心についてまとめたものです。




聖母の汚れなきみ心への信心


第二回賛美のうたげ 2018年10月20日


 


『聖母マリアの汚れなきみ心』に対する信心について、短くまとめてみました。『聖母の汚れな きみ心』は、『イエスの聖なるみ心の祭日』(『キリストのご聖体の祭日』後の金曜日)の翌日 の土曜日に祝われます。


聖グリニョン ド モンフォールが『聖母マリアへのまことの信心』の中で言われているように、私 たちが『イエスの至聖なるみ心』を愛するには、『マリアの汚れなきみ心』を通してが一番の近 道です。また、私たちが願うことも、聖母を通してならイエスは拒否なさいません。 聖母は、私たちの拙い祈り、汚れている不完全な祈りを、美しく飾ってイエスに届けてください ます。その結果、私たちが思い描いた通りにではなく、神の御目に正しい形で、そして私たちに とっては最良の形で、祈りが聞き届けられます。


初金の信心と呼応するように、初土の信心があります。これは、ファティマから生まれました。 1917年(5月13日〜10月13日)、ポルトガルのファティマに聖母は来られました。コヴァ ダ イ リアという場所で、『ロザリオの元后』として、三人の牧童、フランシスコ マルトー、ヤシンタ マルトー、そしてルチア ドス サントスに御出現になったのです。 1930年5月13日に、現地司教レイリア (Leiria)によってファティマの聖母を崇敬することが公 認されました。(なお、2017年5月13日に、フランシスコとヤシンタはファティマで列聖されま した。) ある時、三人は恐ろしい地獄を見せられます。その後、聖母は子供たちにこのように言われまし た。「あなた方は、かわいそうな罪人が行き着く地獄を見ました。罪人を救うために、神は私の 汚れない心の信心を世界に起こされたいのです。」

さらに、聖母は罪人の霊魂を救うために、次のことを願われました。

●罪人の回心のため、また彼らが犯した罪の償いとして、毎日ロザリオの祈 りを祈ること。
●聖母のみ心への個人的な奉献とロシアの奉献をすること。 ●「毎月の初めの最初の土曜日に、5回続けて(つまり5ヶ月間)罪の償い のための聖体拝領をすること。(「初土の信心」)

聖母はシスタールチアに次のように言われました。

「わたしの娘よ、棘に囲まれているわたしの心をご覧なさい。侮辱と忘恩に よって、恩知らずな人々はわたしの心を棘で絶えず突き刺しています。せめ て、あなただけでもわたしを慰めるよう努力してください。 5ヶ月間、月の最初の土曜日に告解をし、ご聖体を拝領し、ロザリオの祈り を一環祈り、わたしに加えられた侮辱を償うという意向で、ロザリオの神秘 を黙想しながらわたしと一緒に15分間過ごしてください。これを 行う人には、その人が死を迎える時に必要なすべての恵みをもって助けるこ とを約束します。 娘よ、このことを人々に知らせてください。」


 




聖母がお望みになる『初土の信心』とは、 5ヶ月間、月の最初の土曜日に、次のように行うことです。

1.赦しの秘跡を受ける。

ルチアはのちに、もし、ご聖体を拝領できる状態にあるな ら、この日の前後一週間の間に告解すれば良いことを付け 加えました。

2.ご聖体拝領をする時、罪の償いとしてご聖体をお受け する。 3.罪人の回心のため、また、彼らの罪の償いとしてロザ リオを祈る。

4.その際、汚れないみ心を敬うため、また、償いを果た すために、15分間、ロザリオの神秘(玄義)を黙想する。 これについてルチアは、「一つの神秘を15分黙想しても 良いし、複数の神秘でも良い。また、ロザリオの祈りをし ながらでも良い」と説明しています。例えば、一つの神秘(玄義)を唱える前に3分黙想する と、【5つの神秘×3分=15分】になります。(もちろん15分以上の黙想は自由です。)

なぜ、5回の償いをするのでしょうか? イエスはシスタールチアに、「それはマリアの汚れないみ心に加えられる5種類の侮辱と冒涜に よる」と言われました。

1.汚れない受胎に対するもの
2.永遠に処女である事に関するもの 3.神の母であることに対するもの、また人類の母であることを認めないこと
4. 子供たちの心に、汚れないみ心に対する、無関心、軽蔑、さらには憎悪さえも植え付けよう と試みること
5. 聖母のご絵に対して侮辱を加えること

ファティマで与えられた祈り

●主イエス・キリスト、わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちを滅びから救い、すべ ての人々、ことに主の御憐れみをもっとも必要としている人々を天国に導いてください。アーメ ン (ロザリオの各一連ごとに)

(注:以下の三つの祈りはドイツ語からの私訳です。各自の判断でお祈りください。)

●私の神よ、あなたを信じ、礼拝し、あなたに希望し、あなたを愛します。 あなたを信じず、 礼拝せず、あなたに希望せず、あなたを愛さない人々をお赦しください。 (×3)




●至聖なる三位一体の神、父と子と聖霊よ、 私は心からの畏敬の念を持ち、あなたを礼拝します。主が受けられてい る侮辱、誹謗中傷、冒涜、無関心の罪を償うために、地上のすべての ご聖櫃のうちに現存されるイエス・キリストの尊い御からだと御血、 ご霊魂と神性をみ前に捧げます。主の聖なるみ心とマリアの汚れない み心の無限の御功徳によって、主よ、哀れな罪人の回心の恵みを願いま す。 アーメン

 

[聖母への奉献の祈り] 至聖なるおとめマリア、神の御母、私の母よ。あなたの汚れないみ心に、私自身と私の持ち物の すべてをお捧げします。あなたの母なるご保護のもとに私をかくまい、すべての危険からお守り ください。体と魂が清く保たれるために、悪への誘いに打ち勝つことができるように私を助けて ください。あなたの汚れないみ心が私の避難所であり、神へと導く道でありますように。 罪人の回心のために、また、あなたの汚れないみ心に対して行われた罪を償うために、イエスへ の愛のうちに祈り、犠牲をする恵みを私に願ってください。私は、あなたと、あなたの神なる御 子のみ心と一致して、私が信じ、礼拝し、希望し、愛する聖三位一体の神に、自分自身を捧げ尽 くして生きてゆきたいのです。アーメン

 

フランシスコ教皇がロザリオの祈りの後に祈るよう推奨された祈り 2018.9.29

おお、聖なる神の御母、あなたのご保護に依り頼みます。困難にある時の私たちの祈りを退け ず、かえってどんな危険からも救い出してください。誉れ高く、恵まれたおとめ、私たちの婦 人、私たちの仲介者、私たちの執り成し手マリア、あなたのおん子に私たちを執り成してくださ い。あなたのおん子に私たちを委ねてください。あなたのおん子に私たちを差し出してくださ い。アーメン (この祈りはドイツ語からの私訳です。各自の判断でお祈りください。) 大天使聖ミカエルよ、戦いにおいて、わたしたちを守り、悪魔の凶悪(きょうあく)なはかりごと に勝たせてください。神がかれに命じてくださいますように、伏してお願いします。 ああ、天軍の総帥(そうすい)よ、霊魂をそこなおうとして、この世をさまようサタンと他 の悪霊たちを、神のおん力によって地獄にとじこめてください。アーメン

 

 

« 80.マリヤの新型コロナウィルスについてのコメント | トップページ | 81.26聖人のロザリオと聖母 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 80.マリヤの新型コロナウィルスについてのコメント | トップページ | 81.26聖人のロザリオと聖母 »