フォト
無料ブログはココログ

« 87.『黙想ノート』ご紹介 | トップページ | 88. 尊い御血の連祷 »

2020年7月 7日 (火)

表紙

 

Fullsizerender   

 

記事は向かって右側にの一番上にあるバックナンバーをクリックしてください。

◆最新記事 

87黙想ノートのご紹介

フレンツ神父は日本に行くことができなくなったため、オンラインで黙想会を始めました。記事はこちら。。

88キリストの尊い御血の連祷

ツイッターをはじめました。みことば フォトのご紹介がメインです。

■バラダチームへの連絡はSUZUME-SUZUMEまで。

なお、携帯電話からのメールはこちらからの返信が届かないので、ご遠慮ください。

(スマートフォンは大丈夫です。)

 

■Suzumeの歌の動画の再生リスト(まるがりたさんの作成です)

フレンツ神父

Suzumeーsuzume 祈り(ロザリオの祈り、十字架の道行きなど)

SuzumeーSuzume賛美

聞く聖書  なかなか先に進まなくてすみません。ルカの朗読は終了しているのですが、編集する時間がなくて、、、。

マタイはSuzume, ルカはSuzumeの妹が朗読しています。ふたりとも、北海道アクセントがところどころ出ていますが、ご容赦ください。

 

なお、Suzume作成の再生リストはこちらです。

  ■◆■◆■◆ ご挨拶  ◆■◆■◆■

 

こんにちは、SUZUME-SUZUMEです。
SUZUME-SUZUMEとはミオ バラダ(Mijo Barada)日本チームのコアの名称です。



ミオ バラダはクロアチアに住むカトリック信者です。詳しくは「1.ミッションディヴァインラブ」に記してありますので、ごらんください。

SUZUME–SUZUMEのうちの一人はドイツに住んでおり、2007年、ドイツのとある巡礼地のカトリックの黙想の家で行われた「信仰の刷新のためのセミナー」でミオに出会い、2009年からドイツで行われるセミナーに讃美チームとして協力するようになりました。

ミオは2010年にはじめて来日し、日本国内の数カ所で信仰のセミナーを始め、私はその通訳、賛美チームの一人として同行しています。

そのSUZUMEがこのブログを書いています。

このブログでは、ミオの活動の様子や、みなさんの証し、次回の予定などをお知らせして行こうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

■ミオのセミナーのテーマについてはこちらをご覧ください

        
■セミナーの日時、場所、講話や歌のCDなどについては、こちら、こちらをご覧ください。

■ニュース:ドイツでミオに協力しているパーリンのアウグスティノカノン マキシミリアン神父が、2016年12月13日に新しい総長に叙階されました。神に感謝!

 

 

201610neuerpropstvonparing7_thm

« 87.『黙想ノート』ご紹介 | トップページ | 88. 尊い御血の連祷 »